アーサナ

このブログをはじめた時、ヨガのポーズのことを「アーサナ」と呼ぶことに抵抗感がありました。聞きなれない言葉で実態が感じられなかったから。。。だから、わかりやすいようにブログのタイトル表示はすべて「○○のポーズ」で統一してきました。

サンスクリット語の「アーサナ」は「姿勢」とか「ポーズ」っていう意味になるそうですが、ここには、内臓の位置を整えたり、骨盤を整えたりという意味も含んでいるそうです。今となっては、「ポーズ」より「アーサナ」と表現するのが適切だな、と思えるようになりました。・・・そう考えると、ヨガはスポーツというより、自分自身と向き合うための手段って気がします。私の場合、ヨガをすると身体のなかの眠っていた細胞が目を覚ましたみたいで、なんだか元気になれます。(←説得力無し?) 出来なかったアーサナがうまくとれた時に嬉しいのも、正に「自己満足の世界」ですよね・・・(^_^;)・・・そもそもレッスン中は自分のことでいっぱいいっぱいで、周りをみる余裕なんてないから、人目も全く気にならないし・・・そう考えだすと、ヨガはスポーツではないことが明確に言えそうですが、あえてジャンル分けすると、何になるんだろうね?う~ん。。。やっぱりヨガは「ヨガ」?
[PR]
by happyyoga | 2005-05-27 21:36 | ひとりヨガり・・・
<< 耳を押すポーズ ヨガとストレッチ >>